上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今日もこの事件のニュースがTVで報道されていますね。

ソニアさんがこの件について動画を今朝アップされていたので早速字幕をつけましたよ。

ご覧下さいね。


誤字・脱字・誤訳は気づき次第訂正しますm(._.)m
スポンサーサイト
2013.04.17 Wed l アメリカ l コメント (3) トラックバック (0) l top

コメント

1. なるほどですね!
いつもありがとうございます!

これで完全なヤラセであることがよくわかりました。
2013.04.17 Wed l ロケット. URL l 編集
2. Re:なるほどですね!
>ロケットさん

いえいえ(*´∀`*)ノ
私なんかは字幕つけて紹介する位しかできないですからね(;´∀`)

後はこれを誰のせいにするかでアメリカ政府の目的がわかりますね。
2013.04.17 Wed l wake up Japan. URL l 編集
3. ボストン・テロ事件の真相
ボストン・テロ事件の真相
  このボストン・マラソンでのテロ事件は、宇宙情報によれば、ここで提起されている当局によるヤラセ・テロではなかった。抽象的可能性としてはありうることだが、実際はそうではなかった。
  この事件は、911自作自演権力犯罪、でっち上げ口実のアフガンとイラク侵略・占領、次に一連の先進的社会保障制度を築いていたリビアへの侵略・カダフィ政権打倒、さらにシリアの売国反乱部隊への軍事・経済支援と内戦拡大、オバマとネタニヤフの3.20会談でのシリア軍事侵攻の原則合意、東半球では北朝鮮への1月以来9回、3月4回延べ20万人の米韓軍合同大演習、米ステルス戦闘機F22と、米ステルス戦略核爆撃機B2による平壌上空侵入・急降下・急上昇の核爆撃テロ「演習」、轟音と衝撃波の連続威嚇、北領土への上陸演習・占領行政実施演習等々―これらの結果起ったことである。それらのブーメラン効果の1つとなったのが、米ボストンでのテロ事件だった。
 世界の独裁支配者気取りの侵略的で帝国主義的な世界最大のテロリスト国家USAが、前記の侵略戦争と占領の強行、中東での第3次大戦と東での第2朝鮮戦争放火のため狂気の暴走を続けている結果、米国だけが安全でいられる訳がない。だから、今回のボストン・テロ事件もブーメランの1つとして起きたわけである。
2013.04.18 Thu l たつまき. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://jessica71.blog.fc2.com/tb.php/704-16ea48a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。