上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
昨日の時点で速報を伝えているブログも多かったのでご存知の方もいらっしゃると思うのですが、

カナダでのモホーク族の子供達を組織的に殺害していたという事件に対する裁判で

被告であるローマ法王やエリザベス女王、それからカトリックやカナダでの関係者の有罪判決がでましたね。

その事件について知らない方はこの事件のニュースを翻訳したブログ記事や

エリザベス女王とバチカンが運営していた学校の敷地から子供達の大量の死体が発見される

字幕をつけた動画をご覧になってみて下さい。




それからこの速報を伝えたロケットさんのブログ「子供5万人大虐殺の罪でローマ法王とエリザベス女王に対し懲役25年の有罪判決」を引用します。

$世の中おかしい・・・
$世の中おかしい・・・



皆さんこんばんは。どうりでローマ法王ベネディクト16世が、在任中に突然退任を発表したわけです。

ブリュッセルにある、The International Common Law Court of Justice(国際慣習法裁判所)の法廷が、懲役25年(仮釈放無し)の有罪判決を、2月25日、

ローマ法王ベネディクト16世(本名:ヨーゼフ・アロイス・ラッツィンガー)と、英国王室エリザベス女王、

そしてカナダのカナダのスティーブン・ハーパー首相らに対して下しました。
その罪状は5万人以上の

子どもの大虐殺というあまりにもおぞましい内容です。まず最初に、酷い殺され方をして、悪魔の犠牲に

なった子供たちのご冥福を心からお祈りします。

※Common Lawとは、これまでの判例の積み重ねによる、成文化されていない一般慣習法のことです。



バチカンや英国王室がサタニズムの牙城であり、子どもの生贄を必要としているという悪魔教の核心が、

これで如実に証明されたことにもなりますね。
これは、Kevin D. Annettさんという、ご自身も牧師さんで

ある方が、暗殺の危機にさらされながら、地道な現地調査を重ね、動かせない事実を集めて、国際司法

裁判所に提訴したものです。元記事はコチラ

この世紀の大ニュースは

イルミナティメディアは絶対に報道しませんので、是非とも拡散をお願いいたします。



バチカンと英国王室は、カナダの先住民インディアンである、モホーク族の寄宿舎で虐殺を行なっていま

した。これは1960年代から行われていたと言われる、とんでもないジェノサイドで、子供たちを強制的

に寄宿舎に入れ、細菌感染や拷問などで、推定5万人以上を殺害したというものです。それって、懲役

25年じゃなくて即ギロチン行きですよね。無垢な子供たちが、何のいわれもなく誘拐されて殺害される

など、とても考えられないことですが、血を欲する彼らは平気でやっていたことでしょう。



ローマ法王とエリザベス女王を含む、被告30人が自首する期限は、来る3月4日(月)までで、それを

過ぎると逮捕状が出されるようです
。エリザベス女王が監獄行きになったら、イギリスの国事はチャー

ルズが代行するのかな? でも母親が大虐殺の罪じゃ、女王代行も何もあったもんじゃないですよね。

ベネディクト16世が退任するのは28日なので、まだ在任中ですが、辞める前に「罪人中」になっちゃ

ったわけです。たぶん、こうした悪事をもみ消すために、昨年のロンドン五輪から第三次世界大戦への

シナリオを描いていたのだと思われます。上の書類は、判決文と被告人一覧です。これでもちろんカトリ

ック教会も一夜にして大崩壊でしょう。ちなみに彼らは個人資産も全部没収されるそうです。



$世の中おかしい・・・

この事件の音沙汰がずっと無かった訳ですが、やっと結果が出てきたということですね。

さて、ちゃんと裁かれる事になるのか?

見守りたいですね。

バチカンや英国王室が悪魔崇拝していたって事になるんですが次の動画が参考になるかもしれませんね。












それからこのニュース世界遺産の空、暗転 気球、突然発火かご落下

日の出に染まる遺跡群を空から眺める。そんな人気ツアーに集まった観光客らが事故に巻き込まれた。「世界最大の屋外博物館」と呼ばれるエジプト南部ルクソールでの熱気球の爆発・墜落。世界中から観光客が集まる遊覧飛行だが、地元では数々のトラブルが伝えられていた。

 【ルクソール=石合力】ルクソールの空港から車と渡船で1時間ほど。墜落現場は、ナイル川の西岸の田園地帯だった。

 26日午後、現場のサトウキビ畑には乗客用のかごが黒こげになって転がり、周辺には靴などが散らばっていた。気球の布も一部が焼けこげて残っていた。

 事故を目撃した自治体職員ムハンマド・バダウィさん(19)によると、熱気球は26日午前6時15分ごろに離陸。高度150メートルほどの上空で突然、かごから発火した。かごは気球から切り離されて落下し、爆発した。バダウィさんは「落下中のかごから操縦士ら数人が飛び降りるのを見た」と言う。

 関係者によると、熱気球を扱っている業者は二つあり、うちの1社の早朝ツアーだった。6~9人乗りの小型気球と約20人乗りの大型気球がある。早朝6時ごろから約1時間ほど上空から遺跡などを見るのが一般的だという。

 この日、事故現場を視察したエジプトのワエル・マダウィ民間航空相は「運営会社、操縦士とも正規の免許を持っていた。省内に大臣を筆頭とする調査委員会を立ち上げ、原因究明を図る。今日から熱気球の運航は中止する」と述べた。





それからエジプト気球事故 なぜ…ガスボンベ?強風?危険物持ち込み?

 エジプト南部ルクソール近郊で起きた熱気球事故。現地報道によると、観光用の気球が上空約300メートルでガス爆発し、地上に落下したとされる。一方、JTBのグループ会社は「強風にあおられた後に出火し墜落した」と説明する。なぜ惨事が起きたのか。

 日本気球連盟によると、熱気球は球皮(きゅうひ)と呼ばれる風船部分と、球皮内を加熱するバーナー、人が乗り込むバスケットで構成される。気球を飛ばす燃料にはプロパンガスが使われるが「普通に飛んでいる限り爆発はしない」(連盟)という。

 ただ、国内外では着地の衝撃で、プロパンガスのホースが破断するなどして引火、炎上するケースもあり、バスケット内に積まれたガスボンベが事故に影響した可能性は否定できない。ロイター通信はバーナーとボンベをつなぐホースが爆発したと報じた。

 過去にはニュージーランドで遊覧中の熱気球が送電線に接触して炎上、乗客ら11人が死亡した事故が発生。国内でも気球同士が上昇・下降中に接触し、球皮が裂けて墜落した例がある。

 「強風にあおられ、出火した」との情報もあるが、球皮には近年、耐熱性の素材が使われるなど安全対策が施されている。「強風がきっかけで、ホースのコネクター部分が折れるなどの不具合が起きた可能性は残る」(連盟)という。

 あるベテランパイロットは「ガスに引火したとしても即、爆発するのか疑問。外国人を狙い、爆発物を持ち込まれた可能性もあるのではないか」と話した。





さて、こういう観光客に起きた災害や事件というのは世界的なニュースになるんですよね。

ローマ法王やエリザベス女王の大ニュースっていうのが出ていても

メディアは彼らに支配されているので、彼ら自身のスキャンダルについては

あまり報道されることはありません。

そして知られたくない事実をごまかすために別の事件をでっち上げることはよくある事なのです。

時が時のために、これはメディアのスポットライトを浴びる事件が欲しい為のでっちあげ事故かもしれないと思いましたね。

3月4日の期限前後に彼らはまた何かやらかすかもしれないですね・・・(;´∀`)





日本でも彼らの奴隷で言いなりなんだけれど、

多くの国々のトップというのは腐敗していて、協力者だったりするんですよね。

過去には彼らの儀式の為にピラミッドが閉鎖されたこともありましたね。

その意味ではこの事件もわからないですよ?






何かをごまかす為に別の事件をでっちあげたとされる事件は過去にも

コロンバイン高校銃乱射事件がありましたね。

事件当日はアメリカ軍がコソボに対して最大の爆撃を行った日であり、時の大統領、ビル・クリントンは爆撃作戦の成功を伝える会見を開いたわずか1時間後に銃乱射事件について「痛ましい事件が起こった」と会見を開いたんです。






最近ではサンディフック小学校銃乱射事件がでっち上げだという事が多くの人々の証言で明らかにされてきていますね。

この事件は米国民の抵抗する力を剥奪する為に銃を持つ権利を剥奪しようとするが為に起こされた事件だと思います。

昨年からの銃乱射事件が数件ありましたがどれもそうですね(;´∀`)



この事件については悪魔崇拝者達が関わっているとも指摘がされていますね。






メディアの伝える内容を斜めから見て考えてみると違ったものがみえてくるかもしれませんよ?


まぁ・・・・何も知らなかった信者さん達に罪はありませんが

キリスト教自体が現代のファンタジーだったという事ですね(;´∀`)

世界で最も販売された聖書は嘘だらけらしいですよ?


キリストの誕生日は間違っている!。ローマ法王が自ら執筆したキリストの伝記で主張

スポンサーサイト
2013.02.27 Wed l ブログ l コメント (21) トラックバック (0) l top

コメント

1. おはようございます!
ついに待ちに待った判決ですね。wake up Japanさんの努力も実りましたね! 今回の判決にどの程度の拘束力があるのかわかりませんが、私のブログに読者の方からの指摘があり、The International Common Law Court of Justice(国際慣習法裁判所)は、ハーグにある国連(イルミナティ)の国際司法裁判所とは違うようです。元記事も訂正しておきましたので、wake up Japanさんのほうの記事でも訂正をお願いできればありがたいです。よろしくお願いします。
2013.02.27 Wed l ロケット. URL l 編集
2. Re:おはようございます!
>ロケットさん

(>Д<)ゝ”了解!
訂正しておきました(*´∀`*)ノ
2013.02.27 Wed l wake up Japan. URL l 編集
3. こんにちは
御無沙汰しています。でも、いつも動画は拝見させて頂いています。ありがとうございます♪それにしても凄いニュースですね。でも日本では報道されないでしょうね。私のブログでも紹介させて頂きました。
2013.02.27 Wed l friend-dc. URL l 編集
4. Re:こんにちは
>friend-dcさん

そうですね(^_^;)報道されないと思います。
唯一報道してたのか?と思われる記事はこれひとつです。

http://www.asahi.com/international/update/0225/TKY201302250443.html
2013.02.27 Wed l wake up Japan. URL l 編集
5. 動画使わせてもらいました。。。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM26070_W3A220C1FF1000/

退位後の呼称は名誉法王ってやっぱり報道されないですね・・・

逮捕も報道されないのかな??

あと5日ですが。。。
2013.02.27 Wed l エボニーエッセンス. URL l 編集
6. Re:動画使わせてもらいました。。。
>エボニーエッセンスさん

おとなしく逮捕される気なんてさらさらないでしょうね(^_^;)
だから報道もされないのかと。
2013.02.27 Wed l wake up Japan. URL l 編集
7. 無題
これって本当なんですか?
だとしたら大事ですよね。

時間がある時にゆっくり読ませてください☆
今回の記事も興味深いです!
2013.02.27 Wed l ミノス. URL l 編集
8. Re:無題
>ミノスさん

リンク先はケビン・アネット氏のウェブサイトで発表されたものですね。世界的に注目されている筈ですが主流メディアがこの事件を取り上げるとは思えません。だからこそ、こういった事件を知った個人が伝えていくしかないのだと思います。
2013.02.27 Wed l wake up Japan. URL l 編集
9. いつも ありがとうございます
いつも翻訳ありがとうございます!!
ついに夜明けの兆しが見えてきました。

ところで勝手ワガママなお願いがあります。
お忙しいでしょうから無理はなさらないでください。

私のブログ記事に「キリスト・大天使マイケル ジャクソン」という記事があり、もし良ければ翻訳していただけたらと思いました。

かなり長い動画なので、申し訳ないのですがー

やっぱりマイケルはキリスト。

スピリチュアルでヌクヌクした人にも見て欲しい動画です(>_<)
2013.02.27 Wed l st.Michael. URL l 編集
10. 無題
何度もすみません。こちらがURLになります。   http://www.youtube.com/watch?v=O_RR6VUvhP4&feature=player_embedded
2013.02.27 Wed l st.Michael. URL l 編集
11. こわいですね;;
下北沢ムジナ通信社
ここに 詳しく写真もでてます。
2013.02.28 Thu l なっち. URL l 編集
12. 無題
wake up japanさん、こんにちは!
私のほうのブログで転載させていただきました。よろしければ目を通してみてください。

http://ameblo.jp/firenzenoamakakerufune/entry-11480164001.html
2013.02.28 Thu l フィレンツェの天翔船. URL l 編集
13. Re:こわいですね;;
>なっちさん
情報ありがとうございます。記事見つけました。

自分のブログで転載させて下さい。宜しくお願いします。
2013.02.28 Thu l エボニーエッセンス. URL l 編集
14. エリザベス女王実刑の可能性
この裁決の法的拘束力が気になって、探したところ、ある記事を見つけました。
同じようにエリザベス女王の裁判の情報について、書かれた方のブログです。
その後、独自で情報収集されて、市民裁判所の実態を紹介しています。
ご検証下さい。
http://s.ameblo.jp/friends-dc/entry-11480095081.html
2013.03.01 Fri l レイ. URL l 編集
15. Re:エリザベス女王実刑の可能性
>レイさん

この件に関してはツイッターでつぶやいただけだったんですが

https://twitter.com/hidy71/status/306907740045983745

まずは多くの人が知る事が大事ですね。そこから逮捕に繋がると思っています。
2013.03.01 Fri l wake up Japan. URL l 編集
16. Re:Re:エリザベス女王実刑の可能性
>wake up Japanさん
予想通りのアンサーでした。
では、事態を知った上での記事、ということですね。
読者の皆さまも、あなたと同じ見解であれば幸いです。
「twitterで呟いただけ」と、一方で「・・・信じています」というコメントにご自身で齟齬を感じないのであれば。

ご自愛下さい。
2013.03.02 Sat l レイ. URL l 編集
17. Re:Re:Re:エリザベス女王実刑の可能性
>レイさん

正確には記事を書いた後にツイッターで市民による逮捕というものを教えてもらいましたね。こういうのがありますよって。
ただ私としてはこれだけ酷い事が行われていた事実が全く日本で報道されておらず、海外でも報道しているのは独立ジャーナリストや代替メディアのみ。許せませんよね?それでブログで取り上げた次第です。
そして今回はその事後報告といったところでしょうか。
日本のメディアは報道していませんが、(日本のメディアはくだらない芸能やグルメ等は報道するのに海外情勢はあまり報道しませんね(^_^;))今回、英国でもバチカンのトップが辞任しています。裏で確実に何かが起きているのだと見ています。
2013.03.02 Sat l wake up Japan. URL l 編集
18. きのう
よそのブログで拝見しまして、今記事を書こうと思ったのですが、wakeupjapanさまの記事がさらに詳しいので参考にさせてください。

転載紹介等させてください。
2013.03.02 Sat l kaori. URL l 編集
19. Re:きのう
>kaoriさん

どうぞ。どの記事も動画もいつでも承諾なしに使っていただいてかまいませんよ(*´∀`*)ノ
2013.03.02 Sat l wake up Japan. URL l 編集
20. 詳しいですね
昨夜、300人委員会の名簿の資料をyoutubeで見たのですが、そこに法王の名前がありましたね。

また、ヘンリー・キッシンジャー氏も。

意外だったのはバフェットやカーネギーが入ってなかったことです。マイケルのmoneyで名指しされた人全部入っているのかと思っていました。

ところで、キッシンジャーと言えば、外交官を目指していた私は彼の著作で外交史を一部勉強したもので、とても頭の切れる人で、大変な努力家というイメージでした。

これにより、カトリック教徒が肩身の狭い思いをしないといいな、と思いつつ、最後の祈りの会は10万人が集まったとのこと、驚くばかり。
2013.03.03 Sun l プラズマリーディング 松宮光希の神様のこと、あれこれ. URL l 編集
21. 非常に興味深いですね。
裁判が行われたのは
The International Common Law Court of Jusutice
国際慣習法裁判所
ですね。
米、英、伊、蘭、カナダ、オーストリア、アイルランド
などで国際的な取り組みをしている団体。
市民によるNPO団体であり、政府、警察、司法に関わらず、市民検事
による調査報告はオンライン上で示され、公開裁判が
「オンライン上で」行われた。

実際の裁判の動画があります。

http://video.search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&fr=top_smf&p=international+common+law+court+of+justice

2013.03.03 Sun l レイ. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://jessica71.blog.fc2.com/tb.php/679-112a82ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。